FIVE BROTHER 歴史をおさらい

ネルシャツといえば、FIVE BROTHER

こんにちは!US.WORKS online スタッフのイケダです。
自社で取り扱うブランドながら、そもそもファイブブラザーってどんな歴史があるのだろう?
そういうことをあまり知らないなあと思ったので、、、
これを機に、歴史や豆知識をおさらいしてみようと思います。

120年以上前にスタートした歴史あるブランド

1890年、ロシア系移民 モーリス・ファイン(Morris FINE)さんが、ニューヨークにて創立。
ブランド名の由来は、彼に5人の子どもがいたことから。

現在は私たちトップウィンジャパンがブランド権を取得し、その120年以上続く歴史を受け継いでいます。

ネルシャツといえば、FIVE BROTHER

代表アイテムはネルシャツ

アメカジ・古着好きの皆さんなら、ヴィンテージショップで一度は目にしたことがあるかと思います。
チェックシャツのコーナーには、ファイブブラザーが必ずといって置いてあるほどの、定番です!!

タグで年代がわかる

古着のネルシャツは、襟元のタグを見ることで、年代が分かるんだそう。
先ほど当社のショールームに保管しているヴィンテージアイテムを何点か見てみたところ、3種類のタグを発見できました!

FIVE BROTHER 1950年代のタグ FIVE BROTHER 1960年代のタグ FIVE BROTHER 1970年代のタグ
1950年代 1960年代 1970~80年代


古着に詳しい当社の営業スタッフによると、左から、1950年代、1960年代、1970~80年代のタグとのこと。
※1950年代のものはネルシャツではなく、ウールジャケットの写真になります

古着屋さんでもっともよく目にするのは、舟形タグと呼ばれる、1970~80年代のタグのもの。
30年から40年前に作られたシャツということが分かります。

1890年に創立されてから、ブランド権が複数の企業に移りかわって今日があるため、その年代によってタグに違いが出ているのです。

ちなみに、今生産しているファイブブラザーの商品は、1970~80年代の舟形タグが元になったタグを採用しています!

なお、タグにRNナンバーというものが記されている場合がありますが、これは生産工場を表すものなんだそうですよ。

私も古着屋さんでお洋服を探すのが大好きなので、次はファイブブラザーのネルシャツのタグにも注目してみようと思いました!

日本人の体型に合ったファイブブラザーのネルシャツが欲しい場合は、是非当店US.WORKS onlineにてチェックしてみてくださいね!

スタッフイケダ